1. HOME
  2. ブログ
  3. 「ゆるキャラ®グランプリ」にて東大阪ツーリズムブースを出展しました

「ゆるキャラ®グランプリ」にて東大阪ツーリズムブースを出展しました

11月17日(土)・18日(日)、東大阪市花園ラグビー場の東側・花園中央公園芝生広場にて「ゆるキャラ®グランプリ2018 in 花園 〜ラグビーのまち東大阪〜」が開催されました。東大阪ツーリズム振興機構でも、ブースを出展しました。
1日目は豆玩舎ZUNZOさんのご協力のもと、サボローごまとランプシェードの工作体験。
2日目はKirittaiの大東さんによる実演とイヌの型紙を使用した体験レッスンと、P-PROJECT榛木さんによるピニャータ体験会&バルーンアートを実施しました。
さらにものづくりのまち・ラグビーのまちのPRとして「ねじスタンプラリー」「ラグビー体験」のブースも。ブース両隣を東大阪カレーパン会、週刊ひがしおおさかといった実績あるまちづくり団体に固めていただいたおかげもあり、2日とも大盛況。常に人だかりができ、東大阪の体験型コンテンツを多くの方に楽しんでいただけました。
また、今回のグランプリ開催に合わせ当機構では「東大阪Rugbyバルスタンプラリー」、「東大阪ツーリズムトレカ」の配布も実施。「ひがしおおさか体感まち博」も合わせた三位一体の体制を作りました。
さらに、会場から布施・小阪・八戸ノ里までシャトルバスが走り、イベントを楽しんだあとはまちへ出かけて1日中東大阪で遊んでいただける工夫も。実績や効果はこれから分析することになりますが、東大阪の魅力作成に、2019年のみならずその先を見据えて今後も邁進して行かねばと感じた出展でした。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事