1. HOME
  2. ブログ
  3. 鮮やかな色彩の世界!旧河澄家で「染め色遊び」開催

鮮やかな色彩の世界!旧河澄家で「染め色遊び」開催

2月19日(火)、日下の東大阪市指定文化財・旧河澄家にて「型絵染展」(かたえぞめてん)が始まりました。関連ワークショップとして、「染め色遊び」も開催。折染という技法で和紙に色をつけていくイベントです。その様子を見学してきました。
旧河澄家での型絵染展示とワークショップは、今回が初開催となります。
講師は展示の作者でもある染色作家の伊藤千晶さん。「染色は、なかなか真似できない職人の仕事ですが、子どもたちでも気軽に楽しんでもらいたい」と、イベントを実施。まずは書き損じなどで不要になった和紙(反古紙)を三角や四角に折っていきます。つづいて、折った和紙を輪ゴムで縛って固定。水に浸してふやけさせます。
その間に染料作り。赤・黄・青、3色の染料を基調に、混ぜたり薄めたりして、たくさんの色をつくっていきます。いよいよ染色。筆を使って、和紙に色をつけていきます。染色したら、新聞で水気をとる作業。この日は雨だったので、早く乾燥させるためにアイロンも使用しました。
水気がなくなった和紙を、折り目から丁寧に剥がしていくと…。
わあ!広げてみると、鮮やかな模様が現れました。
さらに和紙を広げたまま吊るして乾かし、完成。ほんのりと色づいたものもあれば、はっきりとしたコントラストのものも。
書き損じた筆文字は油性のため、にじんでいません。全体の優しい配色を、黒でグッと引き締めています。
「自分の好きなように表現できて楽しい」と、個性が出る色彩にうっとりする参加者も。2月23日(土)午前、3月10日(日)午前・午後の部はまだ空きがあるとのこと。(2月21日時点。予約状況は旧河澄家公式サイトからご確認ください。)
展示は3月10日まで。同期間で桃の節句展も開催中です。
古民家で、染め色遊び。染色の世界に魅了されること間違いなしです。ぜひ訪れてみてください。

旧河澄家
住所:東大阪市日下町7丁目6-39
開館時間:9:30〜16:30
閉館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日・12月29日~1月3日
電話番号:072-984-1640
アクセス:近鉄奈良線「石切駅」より徒歩約20分/近鉄けいはんな線「新石切駅」より徒歩約20分
入館料:無料 ※駐車場5台(無料)
東大阪体感ナビ情報はこちらから

■型絵染展
2月19日(火)〜3月10日(日)まで

■染め色遊び
2月19日(火)(終了)・23日(土)・3月10日(日)
午前の部 10:00~ 午後の部 13:00~
定員:各回8名
費用:300円
申し込み方法など詳細は公式サイトから

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事