1. HOME
  2. ブログ
  3. 布施の街を飲み歩く、女性限定はしご酒ツアーを開催しました!

布施の街を飲み歩く、女性限定はしご酒ツアーを開催しました!

布施の街にある多様な飲食店を体験していただこうと2月23日、女性限定モニターツアー「布施ほろ酔いバルめぐり −こだわりの店・隠れ家飲み食べくらべはしご酒体験−」を開催しました。


プレミアムまち歩きの第2弾として、「もっと布施の魅力を知ってもらおう」と企画した今回のツアー。毎年10月に布施周辺で開催される「布施えびすバル」の実行委員長・元光一倫さんを企画メンバーに迎え、地元目線でお店を選んでいただきました。集合場所の近鉄布施駅には40代〜70代の16人の参加者が集まり、18時30分に出発。ガイドの森なおみさん案内のもと、ときどき立ち止まっては商店街やお店について話を聞きながら、1軒目の「居酒屋 金八」に向かいます。

金八は、てっちりやハリハリ、季節の一品料理を提供する店で、今回は2階の座敷を借り切りました。森さんの軽快なトークで場が温まったところで全員の自己紹介が始まり、「着物を着て立ち呑みに行くのが好き」「布施市のころに生まれた」「幹事をするのでいい店がないか探しに来た」など、年代も目的もさまざまで、早くも1軒目から打ち解けている感じです。ここでは、冷たいひれ酒で乾杯し、てっさ、たら白子の醤油焼きをいただきました。

2軒目と3軒目は2班に分かれ、よりディープで小さな店を体験。昭和2年創業の酒販店・大西商店は東大阪市内唯一の久保田特約店で、週に4日だけ隣接する「立呑処おおにし」で角打ちを楽しめます。獺祭スパークリングで乾杯した後は、久保田生原酒、幻、八海山など5種類の日本酒から2種類を選んで飲み比べ。店主や女将さんとの会話も弾み、2軒目ですでに「このメンバーでまた飲みたい」という話が出るほど盛り上がっています。
次の「オカマバー てぃーの」では、店を出す前に30年、中華料理チェーン店で働いていたママが得意とするエビチリとお酒をいただきながら、ママにラブソングをリクエストしたり、ママの人生について話を聞いたりするなど、ディープな布施を感じることができました。

4軒目のバーアナログは落ち着いた雰囲気のバーで、ここで2班が合流。ラムやカクテルをいただきました。最後に集合写真を撮り、あっという間に3時間のツアーが終了。感想を求めると、「おとなしそうな人やセレブっぽい人がいて、最初はどうかなと思ったけど盛り上がった」「昼間の布施しか知らない私に夜の布施を教えてくれてありがとう」「次に行けるお店ができてよかった」という声を聞くことができました。

初対面の人同士が腕を組み、肩を抱き合いながら楽しんだはしご酒ツアー。
今回参加いただいた皆さまの意見を参考に、今後も街を知っていただける魅力あるツアーを企画していきます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事