1. HOME
  2. ブログ
  3. スポーツでまちづくり!ウィルチェアースポーツ広場で体験会開催

スポーツでまちづくり!ウィルチェアースポーツ広場で体験会開催

2月24日(土)若草町の「ウィルチェアースポーツ広場」にて、競技用車いす=ウィルチェアーのスポーツ体験会が開催されました。
東大阪市は2019年に行われるラグビーワールドカップ以降、スポーツで地域を盛り上げようとウィルチェアーに注目。誰もが楽しめるスポーツを推進し、東大阪を「スポーツのまち」にすべく、現在力を入れています。


次世代のスポーツ施策の第一歩となるイベントが、今回の体験会。
オープニングセレモニーでは野田市長やトライくんといったいつものメンバーをはじめ、東大阪出身のパラアスリート上山友裕選手が登場。2016年リオ・オリンピックで入賞経験のある、アーチェリー選手です。参加者全員が見守る中、上山選手は華麗なオープニングショットを披露しました。緊張の表情を見せるも、見事、的にヒット!

会場にはソフトボール、バスケットなどが体験ができるコーナーがずらり。
150名の参加者が、思い思いの体験に参加しました。
中でもレーサー体験は大人気。「操作は難しいけど、地面と近い目線でスリルがあって楽しい!」との声も聞こえてきました。

トライくんも大きなお尻を押し込み、乗車体験ができてごきげんの様子。
市と協力協定を結んだ大塚製薬ブース、イベント主催の大阪府障がい者スポーツ協会ブースを回ってPRしました。


スポーツを通したこの施策は、観光にもつながる予感。今後も「ウィルチェアースポーツ」に大注目です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事