1. HOME
  2. ブログ
  3. 体験型観光プログラムイベント「ひがしおおさか体感まち博 2019」8月3日にスタートします。

体験型観光プログラムイベント「ひがしおおさか体感まち博 2019」8月3日にスタートします。

ひがしおおさか体感まち博 2019 特設サイト
http://hta.deci.jp/machihaku2019
2019年8月3日(土)
プログラム公開・予約受付開始


体験型観光プログラムイベント
「ひがしおおさか体感まち博 2019」
2019年9月13日〜11月4日開催

一般社団法人東大阪ツーリズム振興機構(東大阪市、代表理事:清水洋一郎)は9月13日〜11月4日の53日間、東大阪市内全域を博覧会会場に見立てた体験型観光プログラムイベント「ひがしおおさか体感まち博 2019」を開催いたします。
「ひがしおおさか体感まち博」は、東大阪の歴史や文化、自然、スポーツ、産業など地域資源を活かしたものや、東大阪市内の企業やお店のプロの技、団体や市民の知識と経験を活かしたものなど、まちの人々がまちの魅力を発信する観光イベントです。ラグビーワールドカップ2019™日本大会の開催都市・東大阪に来られる多くの方々に、ラグビー観戦だけでなく東大阪市の魅力を存分に体験していただこうと、実証実験として昨秋に「ひがしおおさか体感まち博2018プレ」、今年2月〜3月に「外国人(インバウンド)向け体感まち博プレ」を行ってまいりました。「ひがしおおさか体感まち博 2019」では、市内の事業者や団体の皆さまとともに「グルメ」「歴史・文化・伝統」「ものづくり」「スポーツ・アクティビティ」の4つのジャンルで57の体験プログラムをご用意しました。多彩な顔を持つ東大阪のまちをぜひ「体感」してください。皆さまのお越しをお待ちしております。

【プログラム一例】
◇グルメ
●「おうちカフェを楽しみましょう コーヒー5種の飲み比べ&ドリップ抽出教室」
生産国に出向いて取り寄せた世界5カ国のコーヒー飲み比べと、ハンドドリップ抽出法を伝授します
参加費:3,500円(税別)、定員:8名(期間中6回開催)

●「女性限定!この日だけ★酒屋の店内が角打ちに変身 酒ガールほろ酔い燗酒ラボ」
おうちで簡単にできる燗酒の「つけ方」「裏技」を二代目店主がレクチャーします
参加費:4,800円(税込)、定員6名(期間中3回開催)

◇歴史・文化・伝統
●「和紙のはがきを手作りしよう 紙すき体験」
和紙の原料から紙をすき、押し花で飾りをつけて和紙のはがきを作ります
参加費:2,800円(税別)、定員8名(期間中4回開催)

●「古代から女性の滝行OK! パワースポット生駒山麓で滝行体験」
古代から男女平等の修行場で一度、滝行をしてみませんか
参加費:5,000円(税込)、定員5名(期間中4回開催)

◇ものづくり
●「身長3センチの小さなロボットを組み立てませんか?穴あけ体験とロボットの組立ワークショップ」
細穴放電加工機を使ってねじに穴を開ける体験と世界にひとつだけの「エストロロボ」作り
参加費:5,500円(税別)、定員4名(期間中4回開催)

●「98万アイテムのねじが東大阪に集結!? 近未来の巨大ねじ倉庫見学ツアー!」
ITを駆使してシステム化された高さ22mもの近未来ねじ倉庫の見学と、ねじの手作り体験です
参加費:無料、定員30名

◇スポーツ・アクティビティ
●「近鉄ライナーズ&FC大阪の選手と一緒にプレー!初めてのラグビー&サッカー体験」
東大阪のラグビーチーム「近鉄ライナーズ」とサッカーチーム「FC大阪」がコラボ
参加費:無料、定員30名

●「土木技術が集結した巨大地下空間を体感 普段入れない圧巻の地下河川 立坑の見学会」
全国的にも類を見ない深さ23.6mの立坑、直径6.9mの地下河川の見学を通じて、楽しみながら寝屋川流域の治水対策を学ぼう
参加費:無料、定員20名(期間中2回開催)

【開催概要】
・名称:ひがしおおさか体感まち博 2019
・主催:一般社団法人 東大阪ツーリズム振興機構
・開催期間:2019年9月13日(金)〜2019年11月4日(月・祝) 53日間
(日時はプログラムにより異なります)
・開催場所:東大阪市内全域(プログラムにより異なります)
・プログラム数:57プログラム
・参加費:プログラムにより異なります
・参加申し込み:2019年8月3日(土)〜 ※参加には事前申し込みが必要です
・URL:http://hta.deci.jp/machihaku2019
・一般の方のお問い合わせ先:「ひがしおおさか体感まち博」運営事務局
TEL 06-4309-8083 (平日 9:30〜17:00)
MAIL machihaku@higashiosakatourism.com

関連記事