1. HOME
  2. 体感まち博
  3. 歴史・文化・伝統
  4. 古民家であかねこ餅づくり

古民家であかねこ餅づくり

日程 10月14日(日)
時間 10:00〜12:00、13:00〜15:00

石臼やカマドを使って河内の郷土食をつくる

江戸時代初期に建てられた旧河澄家では、カマドや石臼といった昔の道具が遺されています。獲れたばかりの小麦と餅米で餅をつき、きな粉をまぶした「あかねこ餅」を、田植えが終わった祝いとして食べていた河内地方。季節は少しずれますが、石臼やカマドなど昔ながらの道具を使って河内の郷土食「あかねこ餅」作りを体験していただきます。古民家内部のガイド付き。

案内人

堀木昌彦
旧河澄家 指定管理者 株式会社アスウェル
統括責任者・学芸員
子どもから年配の方まで幅広い年齢層の方々に古民家を見ていただくため、年間を通じて体験会から歴史講座まで様々なイベントを企画しています。


お申込み

TEL:072-984-1640
旧河澄家 職員全員
※10月2日(火) 9:30より受付開始

詳細

参加費 参加費 300円
所要時間 2時間程度
定員 各回20名
対象者 3歳以上(未就学児は保護者同伴)
備考 持ち物:エプロン、マスク、ハンカチ
場所 旧河澄家
東大阪市日下町7-6-39
近鉄けいはんな線「新石切」駅からバス「南日下」下車徒歩約10分

案内人一覧

 


まだ間に合う!

今からでも間に合うプログラム一覧 | 歴史・文化・伝統