1. HOME
  2. 体感まち博
  3. 歴史・文化・伝統
  4. ハンズオン(体験学習)江戸時代の貨幣価値

ハンズオン(体験学習)江戸時代の貨幣価値

日程 11月24日(土)
時間 14:00~15:00

江戸時代は重さでお金の価値を測ってた!?

大判、小判など金貨のほか、銀貨、銅貨などが使われ、しかもそれぞれの貨幣制度が違っていたという江戸時代。金貨は今と同様枚数で価値を測っていたけれど、銀貨は重さで価値を測っていたって知ってましたか!? このハンズオン(体験学習)では、江戸時代に使われたお金を「両替天秤」で実際に測ってみます。江戸時代の商売がどのように行われていたか、イメージしながら江戸時代の貨幣価値について想いをめぐらせましょう!

案内人

池田 治司
大阪商業大学商業史博物館 学芸員
1963年生まれ。同志社大学文学部卒業。専門は日本近世史。主な著書・業績に「銭屋Ⅰ」(大阪商業大学商業史博物館資料第8巻、2013)など。


お申込み

TEL:06-6785-6139
大阪商業大学商業史博物館(学術研究事務室)

詳細

参加費 500円
所要時間 1時間程度
定員 20名(最少催行人数5名)
対象者 一般の方、学生 
※講座の中で、江戸時代の包み銀のレプリカを作ります。作品は各自お持ち帰りください。
場所 大阪商業大学 谷岡記念館 1階会議室
東大阪市御厨栄町4-1-10
近鉄奈良線「河内小阪」駅から徒歩約5分

まだ間に合う!

今からでも間に合うプログラム一覧 | 歴史・文化・伝統

今後の体感まち博はございません。