帝キネが愛した「東大阪【まち】マップ」~永和・小阪・八戸ノ里周辺~

大正6年(1917年)、小阪駅の北西に小阪撮影所が開設・閉鎖された後、昭和3年(1928年)に帝キネ長瀬撮影所が開設され、東大阪市内のあちらこちらでロケが行われ、俳優・映画スタッフと地域交流が盛んであったこの地。

残念ながら東洋のハリウッドといわれていた長瀬撮影所は、昭和5年(1930)の火災で焼失しましたが多くの人たちの思い出の中に残っていました。

司馬遼太郎記念館・田辺聖子文学館・谷岡記念館・宮本順三記念館など多くの文化施設があるこの地域。ロケ地であった社寺や街並みを歩いてみてはいかがでしょう。

帝キネが愛した「東大阪【まち】マップ」~永和・小阪・八戸ノ里周辺~